自殺や孤独死の場合、

遺体が発見されるまでに長い時間を要するケースが多いようです。

死後、遺体が長期間放置されていると、

腐敗液や汚物が散乱しているだけではなく、

害虫が発生したり、悪臭が立ち込めており、

通常の清掃ではその全てを除去することが難しくなります。

そのような現場において現状回復を行ってくれるのが、

「特殊清掃」の専門業者です。

現場の清掃、消臭、除菌、害虫駆除を始めとして、

供養、遺品整理、遺品処分まで対応してくれます。

また、必要とあればリフォームの手配までしてくれます。

遺体は警察が検死のために引き取ってくれるのですが、

その後の現場の清掃は一般的に全て身内の方が行わなければいけません。

しかし、自殺や孤独死の現場は凄惨を極めており、

また腐敗液や汚物、悪臭は特殊作業を行わなければ完全に除去できません。

そんな時、特殊清掃業者が身内に代わり清掃作業を行ってくれるのです。

厚生省の調査でこれから単身高齢者世帯、また高齢者夫婦のみ世帯が増加する事が予想されているそうです。
※特殊清掃NET:http://www.biozemedelstvi.biz/より

これからの事を考えるとこうした業者の利用者が増えていく事になるでしょうね。