孤独死と特殊清掃

一人暮らしの方でも病院でなくなった場合は、

死後の手続きもスムーズに行われるのですが、

自宅で誰にも気付かれずに亡くなった場合は、

何かと問題が発生してしまいます。

自宅で亡くなっても発見が早ければ良いのですが、

発見が遅くなればなるほど、遺体の状況と、

自宅の状況は凄惨を極めてきます。

遺体発見後は、警察によって検死のため遺体は引き取られますが、

現場の腐敗液や汚物、害虫、腐敗臭はそのまま放置されます。

これらの清掃は警察も葬儀会社も行ってくれません。

すべて遺族の方が行わなければいけないのです。

しかしながら、なかなか一般の方が対応できる作業ではありません。

また、いわゆるハウスクリーニング業者も対応はしてくれません。

多くの場合、「特殊清掃」を専門とした業者に依頼するしかありません。

特殊清掃業者は独自のノウハウと技術を持っているため、

そのような現場でも元通りに原状回復してくれます。

遺族の負担を軽減するためにも、

現状回復は早めに特殊清掃業者に相談しましょう。

Comments are disabled