自殺と特殊清掃

自室での自殺は遺体発見までに時間がかかるケースが多いようです。

遺体発見までに時間がかかればかかるほど遺体の損傷は大きくなり、

またそれに比例するように自室に与えるダメージも大きくなります。

遺体発見時、遺族は警察立ち会いのもと現場検証を行います。

その後遺体は警察が検死のために引き取るのですが、

遺体が引き取られた後の現場は発見時のままの状況で引き渡されます。

遺体のあった場所には体液や汚物が残り、部屋中に腐敗臭が立ち込めています。

またハエなどの害虫が大量発生している場合もあります。

そのような状況を遺族が自らの手で原状回復することは非常に困難です。

そういった時に遺族に代わり現状回復してくれるのが「特殊清掃」業者です。

孤独死や自殺現場の清掃のプロフェッショナルである特殊清掃業者は、

専用の技術や機器、薬品を用いて現場を原状回復してくれます。

同時に遺品整理や遺品の処分も行ってくれるので、

残された遺族の心理的ストレスを軽減してくれるのです。

Comments are disabled