特殊清掃の簡単な流れ

特殊清掃完了までの簡単な流れを解説します。

先ず、遺体が見つかったら早めに特殊清掃業者に連絡しましょう。

発見後すぐは警察により立ち入りが制限されているケースが多いですが、

早め早めに対処することで、その後の対応がスムーズに行えるようになります。

警察から現場立ち入りの許可が出たら、担当者と一緒に現場に入り、

状況の把握、特殊清掃作業内容の確認を行い、費用見積もりを作ります。

見積内容に満足できなければ断っても大丈夫ですし、

納得できればそのまま作業日程等の詳細を詰めます。

作業日当日は、遺族の立会が求められる場合もあります。

作業自体は消毒から始まり、特殊清掃~汚染箇所の解体、

遺品の整理・処分が行われます。

最後に、部屋全体の消臭作業を行います。

腐敗臭がひどい場合はクロスの張り替えなどのリフォームも必要になります。

作業終了後、作業内容を遺族が確認の上、問題なければ作業終了です。

また状況によっては作業日数が長くなる場合もあります。

Comments are disabled